朝のひかり

 

木枠の硝子戸を開いて、

縁側から風とひかりを迎える朝。

 

一日のなかで一番気持ちがいい時間です。

 

この朝の空気を味わうのが、

仕込みをしているわたしたちだけではもったいない気がして、

9時からお店を開けています。

 

 

実はこっそり、

モーニングも用意しているのです。

(今は、おむすびと季節のスープのセット)

 

 

今年の夏にインターン生として滞在させていただいた、

岐阜・美濃にあるマーマーマガジン編集部周辺は、

モーニング文化が日常のなかに息づいています。

 

朝からご近所さん同士、

おしゃべりを楽しむ風景が、

なんともいいなぁと思ったのでした。

 

そのときの体験を綴っています。

美濃の朝の風景

 

 

いな暮らしは、

駅から歩いて8分ほど。

 

多摩川沿いをてくてく歩くとたどり着く、

住宅街のなかにひっそりある静かなおうちです。

 

 

早起きした朝、

 

本をゆっくり読みたいな。

 

外で朝ごはんが食べたいな。

 

ひと仕事、集中しようかな。

 

 

 

そんなときはどうぞ。

 

 

お昼ごはんの仕込みをしている台所から、

季節が流れるお庭から、

 

いろんな音が聞こえてくる朝です。

 

(萌)

 

 

 

 

コメント